読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんなのことば

転勤族の夫・2歳の娘と3人暮らし。

金沢に転勤になりました。

7月から、
金沢に移動になりました。 


高知での楽しかった2年間。
ママ友たちが最後に見送りに来てくれ、
涙のお別れとなりました。



しかし…
転勤ナメてました。
小さい子を連れての引っ越しが、
こんなにも大変だとは…!



金沢の官舎は、想像を張るかに越えたボロさで、
(まぁ築33年なので) 
見た目もかなり衝撃的でした。
廃墟みたい。


そして、部屋の中ですが、
トイレとお風呂が、
吐きそうなくらい汚かった…。
掃除しながら泣きました。
(大袈裟じゃないよ。)



何故、清掃されていなかったのかは不明です。


しかも着いて早々に、
その汚いトイレが壊れ、
炎天下の中、チャリで10分の近くのドラッグストアまで、
何往復もするはめに。 



前途多難な始まりとなりました…。
もう本当に倒れそうでした。



でも住めば都と言いますし、
部屋は掃除しまくったら何とか人間が住めるレベルにはなりました。


お気に入りの照明をつければ、
あら不思議。
何とか見られるようになるものです。



娘は、
暫くは環境の変化に戸惑って、
夜泣きなどありましたが、
やっと落ち着いてきたところです。


やはり、親の心理状態が影響しやすいですね。


今は近くの育児支援センターに行けるまでになりました。

少しずつ、日常を取り戻しています。



私も、最初すぐにホームシックになり、
高知での満たされた日々を思い出しては落ち込んでいたのですが、
娘の笑顔に励まされました。


こうやって色んな経験をして、
引っ越しにも慣れていくことが、
転勤族の妻の役割なんだなーと思います。


新しい土地、
金沢で楽しむぞ!