おんなのことば

転勤族の夫・2歳の娘と3人暮らし。

水やりはいつも深夜だけど  

窪 美澄さんの
“水やりはいつも深夜だけど”
を読みました。


すべて育児がベースにある短編集です。

全部、共感できました。




ママ友に嫌われたくないが為に
空回りする女性、

産後うつになった妻と関係を修復できない夫、

我が子の障害に怯える母親、

出産後の妻の自分に対する無関心から
浮気しようとする夫、



他人事とは思えませんでした。



でもこれらの物語には、
ほんの少しの救いがあり、
その救いがあることで、
明日もきっと生きていけると思える、

そんな一冊でした。




いちばん好きなのは、 
涙が出てしまいました。




f:id:mimeico:20160209220106j:image




この間見た番組によると、

出産後に夫にイライラしたり、
冷たくなるのは、
出産をしてすぐに脳から出るホルモンが
一気に変わること、

更にそのホルモンが、子供を守る為に
常に母親を緊張状態にさせていること、

などが原因として証明されているそうです。



夫のことがどうでもよくなるわけではないのです。


そのことは理解して欲しいなぁ。

(と出産後からレスの私が言っております。)